So-net無料ブログ作成


人気ブログランキングへ
科捜研の女11 あらすじ 視聴率 ブログトップ

科捜研の女11 あらすじ 視聴率 [科捜研の女11 あらすじ 視聴率]

沢口靖子
主演 科捜研の女11のあらすじと視聴率!
あらすじは今夜8:00から放送分の新シリーズについて。

ドラマ「科捜研の女シリーズ」は1999年の放送開始から2011年までの12年間で10シリーズ
スペシャル3本が制作され、安定した視聴率を獲得している人気シリーズである。

第1話 2011年10月20日分
「法務省から来た女!疑惑の検事!隠された銃弾の秘密!!京都~奈良を結ぶ冤罪の罠!?」 の視聴率は 17.1%と、相変わらず根強い人気を伺わせる数字である。




今夜放送 第4話あらすじ

山中で白骨化した遺体が発見される。手がかりは少なく、沢口靖子演じるマリコは
医大の解倍医・早月に司法解倍を依頼する。

しかし、解倍に取り掛かった直後に、早月が倒れてしまう。

そんな中、河原で古着店の店主・高崎の転落遺体が見つかる。

当初は、飛び降り自殺に思われたが、マリコ達が現場で不審な点を見つけた事から
他殺の可能性が浮上する。

高崎の自宅の捜査で、彼が白骨遺体で発見された先日の事件の記事を集めていた事が分かる、、、


沢口靖子←出演作品一覧

沢口靖子/新・科捜研の女’06 VOL.3









コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
科捜研の女11 あらすじ 視聴率 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。