So-net無料ブログ作成


人気ブログランキングへ
松嶋菜々子 主演ドラマ 家政婦のミタ ブログトップ

松嶋菜々子 主演ドラマ 家政婦のミタ [松嶋菜々子 主演ドラマ 家政婦のミタ]

松嶋菜々子主演ドラマ 「家政婦のミタ(松嶋菜々子」
今夜 11月2日放送 4話のあらすじを紹介する。



阿須田家を出た4人の子供たちは、今後について話し合う。


絶対に父親・恵一を許さないという結と翔に対し、海斗はは父と別れてどうやって生活するのか・と考え、希衣は家に帰りたがる。



希衣は海斗のに「三田ミタ(松嶋菜々子」に会いたいと言い出し、家に戻ろうとする、、、





人気ドラマ『家政婦のミタ』、日本の無感情の時代を投影=中国

 松嶋菜々子さんが冷徹な家政婦を演じる話題作「家政婦のミタ」の9日放送の第5話の視聴率が過去最高の22.5%(関東地区)を記録し、今期の連続ドラマでは最高視聴率を記録した。中国網日本語版(チャイナネット)は「同ドラマは無感情の時代を投影したもの」と報じた。以下は同記事より。

 タイトルは、市原悦子さん主演のドラマ「家政婦は見た」のオマージュだが、市原さん演じる人情味あふれる家政婦とまったく違い、松嶋さん演じる家政婦のミタは超クールな「冷血派」。「市原さんの演じる家政婦は私も大好き。でも私はああいう雰囲気は演じられない」と語る松嶋さん。クールだからこそ、視聴者を引き付けるのだろう。

 松嶋さん演じる家政婦はどんな時、どんな場所、どんな場面でもすべて命令に従い、無表情で「わかりました」と答え、指示どおりに動く。おもしろいのは、デジタルテレビの普及した今日、多くの芸能人が前よりも厚化粧でテレビに出演するが、松嶋さんは平然と素顔でカメラの前に立ち、視聴者もその皺(しわ)から歳月の流れを感じるが、それが逆に好印象を与えている。ある民放テレビ局の監督は、「女優風ではない演技で視聴者を魅了したのはこれが初めて」と語る。

 ドラマの中で、自分の浮気のせいで妻が自殺したにもかかわらず、過ちを認めない夫は、現代の日本社会の男性のひどい一面を余すところなく表現し、従来の家庭、親子の倫理の極限に迫っている。すべて命令に従うミタの行為は、世界でもっともストレスのある日本人の緊張感を和らげる象徴ともみられている。(編集担当:米原裕子)


(この記事はエンタメ総合(サーチナ)から引用させて頂きました)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
松嶋菜々子 主演ドラマ 家政婦のミタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。