So-net無料ブログ作成


人気ブログランキングへ
家政婦のミタ 視聴率 あらすじ ブログトップ

家政婦のミタ 視聴率 あらすじ [家政婦のミタ 視聴率 あらすじ]

松嶋菜々子 主演 家政婦のミタ あらすじと視聴率の推移

初回19.5   18.7   19.8   19.5
   22.5   23.4   23.5   平均視聴率 なんと20.93%と
高視聴率をたたき出しているが、この理由は松嶋菜々子人気ゆえだが
反面コラムニストの今井舞氏は「家政婦役が図らずも松嶋の年齢的限界をあらわにしたと見るている」
しかし、女優として、年齢と共に新たな芸風を見出し、それが成功したことは、今後の明るい見通しといえるのでは、、、


NTV 毎水曜日 22:00~

今夜 第8話あらすじ

以下:日本テレビ 家政婦のミタ 番組HPから引用

翔(中川大志)は、三田が母の幽霊ではないかと言い出す。
希衣(本田望結)は三田に「じゃんけんで負けたら自分のことを
話してほしい」という“業務命令”を出す。

さらに、海斗(綾部守人)がルービックキューブで、翔がバスケットボールで
勝負を挑むが、二人ともまったく歯が立たずに負けてしまう。

そんな中、義之(平泉成)がケガをして病院に運ばれた。

恵一と子供たちは見舞いに行くが、義之は養子の話を断った恵一や子供たちを
受け入れない。

結(忽那汐里)は義之と阿須田家が仲直りできるよう、三田にとんでもない依頼をする。

義之が退院し、家族でお祝いの食事会を開くことになった。

しかし、うらら(相武紗季)のミスでレストランが予約できず、家で出前を取ることに。

子供たちは、三田の心を開こうと必死に訴えかける。

希衣は三田にモナカを差し出す。それを三田は、噛みしめるように食べた。

そして、ついに自分の過去を語り始めるのだった。
三田「こうして、わたくしの人生から未来が消えました。」まるで、ダムが決壊したように
あふれる想いを吐露する三田。家族はなぜ死んだのか?

三田が感情を失い、笑わなくなった背景には、壮絶な過去があった・・・

以上、ホームページからの引用文


この番組の人気に対して
“先輩”市原にドラマの感想を尋ねたが、「ノーコメントです」(事務所担当者)との回答。
はたして、家政婦は見たのか、見ていないのか――。
※週刊ポスト2011年11月4日号

[CD] 池頼広(音楽)/日本テレビ系水曜ドラマ 家政婦のミタ オリジナル・サウンドトラック

松嶋菜々子の剃り残し:楽オク中古品

松嶋菜々子の剃り残し:楽オク中古品
価格:3,500円(税込、送料別)





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家政婦のミタ 視聴率 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。